JCBカード審査を通過する為に必要な事

jcb-card3141

クレジットカードを持ちたい時の審査基準に関しては、選択する業者によって違いがあり、カードローン審査の場合は返済能力を中心にチェックする事になりますが、クレジットカードは現在の借金状況や信用、カード履歴を重視する傾向です。

JCBカードは国際的に通じるブランドのカードであり、国内でも加盟店が非常に多いものですし、国内旅行に使う場合もサービスの利便性も多いものです。

日本発の国際ブランドカードであり、海外利用にも対応していますが、特に国内での利用はサービスが充実していますから、一枚持っておくと便利でしょう。

JCBカードの審査を通過する為に必要な要素というのは断言出来ない部分があり、各業者共にカード審査の条件設定は公にされていません。

一般的には収入が安定していて、他に借金が無いという方が通りやすい傾向にあるものの、収入が多くてもクレジットカード履歴が無いと落ちるパターンもあり、JCB審査でも様々な特徴な方が落ちたり、通ったりしています。

落ちる時の共通点の傾向というものはあり、クレジットカードヒストリーが無い場合、信用情報に傷がある場合、スコアリング評価が低い場合、という事が挙がりますから、審査通過の為にはこれらを回避させる事が必要です。

クレジットカードの審査では信用情報をチェックして、過去の借金歴等から延滞や遅延、債務整理等の金融事故が無いかどうか確認する事になりますし、この時に傷があると貸し倒れリスクが高いとみなされてしまい、審査に不利になりますから普段から支払はルール通りに行う事が必要です。

クレジットカードの使用履歴が無い場合はクレジットヒストリーが無いですから、業者としてはリスクの高い客と見なす傾向があり、理由としては金融事故を起こした経験のある人か、カード所持しない現金主義であまり利用してくれない人と判断される事にも繋がり、特に高齢になるにつれてクレジットヒストリーが無ければ審査に影響が出ます。

成人したばかりの頃ならクレジットヒストリーが無くても問題が無いですが、ある程度の社会経験を積んでヒストリーが無ければ問題があると捉えられる傾向があります。

スコアリングに関しては年齢や年収、職業、在籍年数、貸家か持ち家か、家族同居か等の情報から独自の基準で採点しており、貸し倒れリスクが無い方に採点されると審査に有利となります。

JCBカード審査に挑む時はこれらに注意すると良いでしょう。

コメントを残す