JCBカードのおすすめカード

jcb-card2960

 JCBカードは、日本国内に数えきれないほど流通していますが、ポイント還元率に絞って、おすすめしたい1枚のクレジットカードは、リクルートカードです。
 リクルートカード(広義)には、年会費が永年無料のリクルートカード(狭義)と年会費が2,100円かかるリクルートカードプラスの2種類のカードがあります。
 この内、年会費が無料のリクルートカードには、JCBとVISAの2つから選択することができますが、リクルートカードプラスの場合は、JCBカード一択になり、他を選択する余地はありません。
 リクルートカード(広義)の最大の長所は、そのポイント還元率の高さにあります。年会費が無料のカードでも、ポイント還元率は1.2%、リクルートカードプラスの場合は、何とポイント還元率が2.0%に設定されています。数あるクレジットカードの中でもこれほどポイント還元率の高いカードは他に類を見ないのではないでしょうか。
 リクルートカードとリクルートカードプラスを比較した場合、ポイント還元率と年会費を考慮に入れると、おおよそ25万円前後の買い物というのが一つのポイントになります。この金額より大きな買い物をする場合、リクルートカードプラスの方が得、下回る場合は、年会費無料のカードの方が得ということになります。
 電気や水道などの公共料金、携帯電話やネット利用料、それに普段の買い物などを全て一枚のリクルートカードプラスに集約した場合、軽く数十万円から数百万円の金額になることでしょう。仮にひと月10万円をカードで決済したとすると、年間120万円、つまり利用できるポイントは、現金に換算すると2万4,000円にもなりますので、かなりお得であることが、容易にご理解頂けるのではないかと思います。
 さらに、今は、キャンペーンをやっていて、カードを取得するだけで、最大10,000ポイント分のポイント(条件はあるが、大して難しくない)がそっくりそのままもらえます。
 ポイント還元率で考えた場合、ぜひ取得して、お得に利用して欲しいJCBカードの一枚です。