日本の国際ブランドJCBカードの審査基準

jcb-card2916

クレジットカードは種類が豊富ですが、それぞれのカードで審査基準も違います、やはり流通系や消費者金融系のクレジットカードより銀行系のクレジットカードのほうが審査が厳しいとうことは昔からよく言われていることですが、最近ではさほど審査に変わりはないと言えるでしょう。
そんなカードの中でも日本でメジャーなのがJCBカードです、JCBカードはその名のとおり日本の企業でありながら国際的なブランドを持っているクレジットカード業者です。
日本人に好まれるデザイン性や機能性に優れたカードも発行しているため若者などを中止にに多くの人に使われています。
とはいっても審査に落ちたという方も多数あることもまた事実です、実際のところJCBカードはそれほど審査基準は甘くはないようです、実際のところはどうなのでしょうか?
ファミリーマートと提携している便利なカードとしてファミマTカードのJCBカードがありますが、実はこの場合審査を実施するのはファミマのクレジットになります、ということは実際JCBカードと思っていても審査自体は別というわけです。
要するにVISAカードと同じくVISAが審査をしているわけではないことと一緒です、ですからJCBカードを作る時に審査が厳しいかどうかはその付随する金融機関の審査基準というわけです。
もちろんJCB自体が審査して発行するクレジットカードもあります、これをプロパーカードと呼びます、純水なJCBカードというわけです。
JCBプロパーカードの審査基準ですが、クレジットカード利用での事故情報いわゆる延滞などがあったら当然落ちます、若年層ならいいですが、中高年でクレジットカードの利用情報がない方などは破産経験があるかもしれないと判断されることもあります、自分の審査情報などを一度審査機関で確認しておくといいでしょう、ローンカードなどをたくさん持っているだけでも借りていなくても危険と判断されることがあります。
JCBカードの審査の厳しさはほぼ銀行系カードと同じと考えてまちがいありません。